【夜泣きは迷惑?】1LDKで子育てが最高すぎる件について。レイアウトも紹介!

こんにちは!はにーです。
子供が生まれてからというもの、出産や子育て、ビザなどについての
記事がやや多くなってきました。

今回は、育児の話です。というのも、実は私たち夫婦はまだ1LDKのマンションに住んでおります!
ここに引っ越したのがちょうど一年前、子供ができる予定などは具体的に考えておらず、
二人だけなら1LDKで十分だよね☆ということで借りたマンション、気が付けば妊娠、
そしてさらにワンコ一匹、出産して赤ちゃん1人、合計3人+1匹で暮らしていることに気が付きました…。



最初は1LDKで子育てなんて…とベトナム人夫が非常に反対をしまして。
妊娠中に引っ越すべく、いろいろ不動産を見て回ってのですが金銭的にも条件的にも
折り合いがつく物件がなく…。

こういう時、夫が外国人だとひとりで内覧や手続きができないので、
私が結局全部一緒に行く羽目になるんですよね。
というわけで最終的には体力的にも
精神的にもきつくなってお引越しはいったん保留になりました。

最初は落胆していた私たちですが、いざ子供が生まれ、1LDK育児を始めると



あれ…!?なんか思いのほか…快適じゃね!?



と感じたため、今回は同じように1LDKから引っ越したほうがいいのか悩んでいる
人のためにこの記事を書こうと思います。


産後、実家の大きな一軒家→超狭い1LDKの家へ




産後、もともと実家に帰る予定だった私は生まれて退院してから即、
実家の一軒家へ向かいました。広々としたところでゆったりするぞと
意気込んでいた私ですが、思わぬ落とし穴が。


お子さんがいる方はわかると思うんですが、産後って体へのダメージが半端じゃなくてあちこち痛かったり、
ちょっと歩いただけで息切れめまいとかがしてメチャクチャ具合悪いんですよね。
わたしは実家に戻って2日間はベッドからほぼ起き上がれませんでした。

しかしここは一軒家。父親が現在一人で暮らしているのですが、父親のお部屋が一階にあり、
私と赤ちゃんの部屋が2階…つまり食事や入浴、用事がある場合はいちいち階段を上り下り
することになります。トイレは2階にあったのですが、キッチンもないので1日4~5回は往復する羽目に…。
もうこれがきつくてきつくて、本当につらかった。


とはいえ、父親のサポートがあり家事全般はしてもらってましたし、
一軒家なので赤ちゃんがいくら泣いてもマンションのように気を使う必要もなく、
産後1か月で1LDKのマンションに帰るときはああこれから気を使わなきゃ・・・と少し憂鬱でした。



ちなみに1LKDというと、どうせ広めの1LDKなんでしょ?という声が聞こえてきそうですが、
その狭さ、なんと33平米(笑)リビングが9畳+寝室4畳のみです。めっちゃ狭くないですか?
独身一人が基本で、かろうじて若い同棲カップルが住むか、単身赴任できたパパたちが住んでる
というマンションです。

そんなマンションだったので、最初はやっていけるのか不安でした。

1LDK育児の間取りは工夫次第、我が家の場合



まず、1LDKにベビーベッドって置けるの?という声が多そうで、
わたしもその点は非常に心配していました。しかし、その心配は杞憂に終わりました。

というのも、

ベビーベッド、いらんやん…


ってことに途中で気が付いてしまったからです。笑



赤ちゃんって、ママがそばにいないとギャン泣きして寝ないんですよ。
ママも体力の限界が来るから、安心して寝てくれる添い乳へ。そうすると赤ちゃんと寝ることが日課になり、
あれ、気づいたら一緒にベッドで寝てる…ってことに。


わたしは人一倍体力がなかったので、寝かしつけといって赤ちゃんゆらゆらして歩き回ったりとか、
音楽聞かせたりとか一切しませんでした。あ、泣いてる、眠たいんだね、はいオッパイ!そして
即寝する赤ちゃん。ってな感じでした。
ただ添い寝は赤ちゃんが窒息するリスクがあるので、
わたしは赤ちゃん寝たらそっと50センチくらい離れたところで寝ていました。
新生児はオッパイがすべてということを悟ってからは寝かしつけとかあやしたりは一切してません。


というわけで、1LDKのおうちにはクイーンサイズのベッドが一つあるので、
そちらで赤ちゃんと寝ています。夫は赤ちゃんがもう少し大きくなるまではリビングに
布団を引いて寝てもらっています。(ちょっとかわいそう)

ちなみにうちの間取りはこんな感じ。とにかく無駄なものを買わない、
おかないを徹底しています。




赤ちゃんは2~3時間に常に授乳が必要で、目覚めるたびに泣くので夫のストレスにならないよう
このように部屋を分けています。とはいえ、エアコンは一台なので完全に仕切ることは難しく、
夫は耳栓を付けて寝ています。

収納はクローゼットにすべて入れており、あとこまごましてすぐ使うものは小さな
ボックスに入れて机の下などに収納。

じつはまえにうちに4人掛けのダイニングテーブルがあったのですが、出産前に撤去し、
ソファ+小さめの机で3人座るには十分なスペースを確保しています。
いまこのソファに腰掛けながらブログを書き、食事もし、授乳もし、テレビも見ているのですっごい楽。
これめっちゃおすすめです!
(もはや堕落?)

実家では広すぎるが故、移動に時間がかかり体力を浪費していましたが、
1LDKマンションの場合は移動がほぼなく、しかもすべて平行移動なので体力を消耗しません。
すべてが数メートル以内で完結するので、産後の体力が落ちている時期にとっては
めちゃくちゃ助かりました。


また掃除などもほとんど必要ないので、家は常にきれい&お風呂やトイレなど面倒なところは
夫が休みの日にささっと掃除してくれたりします。

1LDK育児で一番気になる苦情&騒音問題は?

私が実家からこちらに戻るときに気にしていたのが、騒音問題です。

このマンションはほぼ9割の世帯が単身か同棲カップルなので、
子供の姿など見たことがありません…。さらに私の隣に住んでいる人は独身の若い男性。
これは苦情になるかも…と不安でいっぱいでした。

この場合は私が何をしたかというと、まず偶然ですが鉄筋コンクリートのマンションを選んでいたので、
話し声などはほぼ聞こえない構造になっていました。しかし赤ちゃんのギャン泣きは多少なりとも
聞こえると思うので、窓は基本的には常に閉めています。


さらに、先手を打って菓子折りをもって隣のおうちにご挨拶へ行きます。
赤ちゃんが生まれたので、少しうるさいときがあるかもしれません。よろしくお願いいたします。と伝えました。
ポイントとしては、妻が行かないほうがいいです。わたしはベトナム人夫に行ってもらいました。

その理由としては、女性だとなめられたり苦情を言われやすくなるからです。
男性でしかも外国人で日本語も通じなさそうだ…となると、苦情を言うハードルが
ぐっと高くなると思いませんか?というわけで、ご挨拶は旦那様に行ってもらいましょう。

さらに、私は管理会社のほうにも一言声を掛けました。
赤ちゃんが生まれて苦情などが来た場合はご迷惑をおかけするかもしれませんとメールでお伝えしました。
これだけで、管理会社さんも気にしてる&努力はしてるんだなぁと勝手に思ってくれるので、
いざ苦情が入ったときにフォローしてくれるでしょう。

このように事前の対策をしておくだけでぐっとやりやすくなります。
また、周囲の友達にも聞いたところ、意外と赤ちゃんに対する苦情ってこないもんだよ~と
教えてくれました。


1LDKからいつ引っ越す?タイミングは?

とはいえ、永遠に1LDKに住み続けるかというとそういうわけではありません。

実際に1LDKで育児ができるのは新生児~3歳くらいまでかなぁと考えています。

時々、広い家で子供をのびのびと育てたいという声もあり、マイホームを購入する人が多いと思いますが、
個人的には家は狭くても清潔であればいい、むしろ車がなければどこにも行けないような辺鄙な場所で
一軒家を借りるよりは、狭くても利便性がいいところに住んで、歩いて海に行けたり公園に行けたり、
いろんなお店があったりするほうがいいと私は考えています。

しかし、実際には子供が大きくなるにつれて動き回る範囲も広くなりますし、
モノが増えるということが予想されるので来年はもう少し広い
1LDKか、2LDKに引っ越す予定です。


今の家の契約があと1年あり、途中で解約すると高い違約金を払わなくてはいけないので
そのタイミングでもいいかなと思います。それくらい1LDKで子育てすることにストレスを
感じておらず、むしろずっと便利だなと思っています。

なので、いま子供が生まれる前に引っ越したほうがいいのだろうか?と悩んでいるママがいた場合は
急がないようなら1LDKで工夫しながら子育てしてみてもいいと思います。
どうしてもだめだったら引っ越せばいいだけなので。下手に広い家だと、
移動や掃除が大変で意外とストレスがたまるかもしれません。


1LDKで育児をする場合の物件選びについて



とはいえ、やみくもに安いからという理由で適当な1LDKに住むと失敗する可能性もあります。
もし今1LDKを考えている場合は、以下の条件を満たしている物件がおすすめです。

  • 鉄筋コンクリート造もしくは防音である
  • 部屋が1~2階などの低階層である
  • エレベーターが設置されてある(ベビーカーのため)
  • 家賃が安すぎない(あまりに安すぎるところは変な人が住んでいる可能性もあります)
  • 周辺にスーパーや病院など徒歩での生活に困らない

以上がポイントかなと思います。特に木造の場合はかなり音が筒抜けらしいので、
気を使ってしまいそうな人は避けたほうがいいでしょう。お部屋が低階層の場合は
下にだれも住んでいないという状況であれば気を遣うこともありません。

1LDKでの子育てはいろいろと不安が多いかもしれませんが、
暮らし始めると案外そうでもありません!
いろいろな事情があり引っ越せない場合もあると思うので、
ぜひ工夫して生活を楽しんでくださいね☆



ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

はにー

ベトナム人の夫と2019年に結婚。現在は会社員として日本で暮らしている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です