アラサーからの海外就職への道~わずか1週間で現地企業から内定2つGET編~

2018年9月5日海外就職

 

 

前回の面接からわずか土日を挟んで4日後のこと、さらに別の会社からも電話が入り面接に急遽呼ばれることに。面接時間は1時間弱にも及んだのだけれど、結局その数時間後には採用の通知を頂くことになった。だがしかし、先日の面接の結果を待っていたのでその場でとりあえず考えさせてほしいと返事をしたのちに、先週最終面接をした会社からも採用通知が。

 

結局悩んだのだけど(とはいえ返事をしなくてはいけないので悩む時間は数時間しか時間なかった)、内定をもらった2つの会社を比較してみてどっちが自分が成長できそうか?という意味で先週受けた方の会社に行くことにした。やはり初めて働く外資企業なので規模が大きく、いろいろな裁量があり、予算も出してもらいやすく、出張が多いという理由で今の会社に決めたのである。

ずっと私は日本企業でマネジメントをしていたが、その時の上司が予算に対してかなりシビアだったのでなかなか投資してくれず、思うように結果も出せず、歯がゆい思いをしたことがトラウマとなっていた。だから、今回の会社は新しいチャレンジをどんどんやれる、社員の出張を惜しまないところがいいと思っていたところだ。

その後また別の会社から面接のオファーがあったのだが、すでに決まった後だったのでお断りした。確かに私もすでにアラサーなので自分のやってきた仕事や経験には自信があったが、これだけ需要があると思っていなかったので意外であった。

実際には中途採用という形なので、経験があるというとかなり細かく突っ込まれる。レストランなどであれば適当につじつまを合わせていればいいかもしれないが、専門性の高い職場においてはこういう時どうする?どういうマネジメントを好む?どういった戦略で行く?と矢継ぎ早に質問が来るので実際にどういう答えを用意するかなど考える時間は皆無だった。だが経験があればどんな質問をされてもギリ大丈夫、、、というレベル。

 

というわけで2週間の間にありがたいことに3つの企業からオファーを頂いたので、海外就職(面接)がうまくいくコツを以下まとめたいと思う。特に変化球はないので、ベーシックなことだけで大丈夫だと思う。

 

海外就職が上手くいくポイント

・返信・連絡は迅速に

・TPOをわきまえた服装を

・給料交渉は多少強めに出てそこから少し下がるくらいを目安に

・自分の良さをどんどんアピールしよう

・笑顔を挨拶が基本

・語学力は可能な限り高めておこう

 

特に、給料交渉においてはかなりダイレクトに聞かれるし確認しても大丈夫なようであった。私はフルタイムではなくパートタイムであったが、最初強気に時給3000円で出て、結局その後2500円に落ち着きました。あくまで希望を伝えることは悪いことではないので、幅を持たせるくらいがちょうどいいかも。例えば最低ラインと最高ラインを決めておいて、1000円~1500円でお願いしますといえば相手にも選択肢が生まれるのでいいかもしれない。

 

というわけで、今後働く会社は現地の会社となるためかなりインターナショナルになる。上司も同僚もすべて外国人となるため、とてもいい経験になりそうなのでまた引き続きレポしたいと思います。インターナショナルな環境で働くということがどういうことなのか、この目でしっかり確かめたい!というわけでまだまだ続きます。

 

 

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱