その他

グルテンフリーのパスタを食べてみた感想を率直に書く

オーストラリアの全豪オープンが盛り上がりを見せていましたが、テニスに全く興味がないわたしはというと、、中継があっているときにパンツいっちょで寝ているという始末。

しかし、かの有名なテニスプレーヤーであるジョコビッチの本のことをふと思い出したのである。

ていうかこれ2015年だったんだ、と意外と前に発売されておったようです。美容意識高い女子が読んでいて、私も軽い気持ちで読んでみようかなってことでkindleでポチ!

影響されまくった結果

結局読んでみるとメッチャ面白くて、あっという間に読了。つまるところ、自分に合わない食生活はやめようねってことだよね。かれはグルテンが合わないのに気づかずに食べ続けていましたよと。

まあでもそういう人って多いんだろうなと思う。平気な人はいいんだけど、やっぱダメな人はダメなのだろう。しかし私たちのようなパンピーはちゃんと検査を受けるのもめんどくさい。

ってことで、グルテンフリーを意識してみようと思い、大好きなパスタをグルテンフリーで食べることにしました。

見た目は普通のパスタでしかない

早速近くのスーパーで買ってきたのはこれ。オーストラリア在住の強い味方、colesである。colesからオリジナルで出てるくらい、オーストラリアでは需要が高いらしい。っていうかcolesって自社製品も開発とかしててまじでクリエイティブなスーパーだなって思います。

まあ強いていうなら黄色が強い?感じかな。でも見た目はほんと普通。原材料をチェックすると、、、

なるほど、トウモロコシの粉でできているわけですね。だから黄色いわけだ。

いざグルテンフリーパスタを調理してみる

さて、早速調理してみます。何を隠そう私は大の料理好き、、、私の手にかかればどんな食材も美味しく変身させてみせる!!と鼻息荒くチョイスしたのはトマトソースパスタ。

まずは茹でます。

茹で時間は9-10分くらいらしいので忠実に守る。しかし、茹で始めたところ茹で汁が真っ白になってしまった。大丈夫なのか不安すぎるがそのまま茹で続ける。なんかパスタ同士メッチャくっついてる。

茹でている間に玉ねぎやトマトをカットし、トマトソース、コンソメと塩胡椒、ニンニクで炒めます。

いざグルテンフリーパスタ実食!

そんなこんなで完成しました。

通常のパスタのようなプリッとした感じはなく、ねちょっとした感じなのでトングで掴まないと厳しい。しかし見た目はまあまあおいしそう。(?)

さて肝心のお味は、、、

普通に美味しい!!!!

たしかにねちょっとした感覚はあるが、普通にパスタの一種って言われれば納得するくらい違和感はない。強いていうなら麺の甘みは弱いかなというところ。

しかし代用品としてはまあまあではないでしょうか?このネバっとする感じをどれだけなくせるかが課題かも。(調理法間違ってる?)

というわけで、なんとなくパスタを食べながらジョコビッチになってみた1日でした。

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です