ベトナム人と結婚するなら知っておきたいお金の話

国際恋愛

ベトちゃんと結婚して早(?)8ヶ月となりました。それ以前の半年間も同棲していたので1年以上は一緒に住んだんじゃないかなと思います。

1年と言えども、なんだかもう何十年も一緒にいるような感覚になるのが不思議なところ。生活も落ち着いてきていい感じになってきたのですが、ここでベトナム人の配偶者を持つ上で考えておきたいお金の話をしようと思います。

ベトナム人男性はヒモ男!?

さて、そもそもベトナム人男性と結婚するとなった時に多々言われるのが、ベトナム人旦那のこと養ってあげる形になるの大変だね、というニュアンスのことです。たぶん、アメリカ人とかドイツ人とかヨーロピアンとかと結婚するとそんなこと言われないんじゃないかな。

個人的に、たぶんベトナムは発展途上国、日本人の方が収入がありお金持ち、東南アジアの男はあまり働かない(顔が良ければなおさら)という先入観みたいなのがあるような気がししてならないんですよね。

正直、こういうことを言われるたびに私は反応に困ってしまうし、ちょっぴり悲しくなることもあります。発展途上国=貧乏とかいうイメージはある程度仕方がないのだけど、フィリピンやベトナムにもとんでもない富裕層がいて、そういうところの男性はめちゃくちゃお金を持っていることもあります。(むしろ日本のサラリーマンと結婚するよりはるかに良い暮らしができます。フィリピン人の富豪男性とちょっとだけデートしましたがメチャお金持っててビビりました)

旦那ベトちゃんは残念ながらそんな御曹司ではないわけだけど、実家は自営業でそれなりの収入はあるようです。そして本人も海外に住んでいたため収入は私以上はありました。そして、今も日本に来てからすぐに仕事も見つかり、超絶ブラックで超低賃金とかいう場所じゃなくちゃんと高級レストランで調理師として働いています。

ただ、日本人の東南アジアの年下男と結婚したら養ってあげるんでしょ?的なスタンスなのはなんだか納得がいきません(笑)むしろ、女性を経済的に養いたいと思い、デート代も全額だしてくれるようなプライドがあるベトナム人のことを侮辱しているに等しいと思います。(実際にベトちゃんに聞いても、ベトナム人男性は自分が一家の大黒柱だからという考えの男性が多いということでした)

正直、仕事柄たくさんの外国人を見ますが日本人奥様の扶養に入っている外国人は結構白人が多かったりします。日本社会は独特なので、個人主義を重んじる西洋人にはなかなか適応が難しいという一面もあるでしょう。

それぞれ状況やご家庭の事情もあるので一概には言えませんが、どこの国や人種にかかわらず働き者の人はそうだし、働かない男はいるし、年下だからヒモになるということはないということを声を大にして言いたいと思います。(笑)

贅沢を好まないベトナム人。実際の家計は?

私の周りのベトナム人や、ベトナム人カップル、夫婦についてはあまり派手な生活をしている人は少ないようです。もともとベトナム人はお金に対して堅実な面があるというのも大きな要因かもしれませんが、実際には旦那さん、奥さん共に安定した職についてない場合はそうなってしまうでしょう。

むしろお互いにフルタイムで働いている場合は、ベトナム人の質素な生活をすると家計的にはかなり楽だと思います。私たちは今共働きですが、ベトナム人旦那がフルタイムになってからはかなり余裕が出ました。

ちなみに生活費については私たちの場合お互い家賃や光熱費、食費など必要経費の分として8~10万円づつ出し合い、その中からやりくりをするという形です。余ったお金は貯金に回すか、個人の娯楽費として使われます。基本的にデート代はベトちゃんが払うことになっているので、私の方はこっそり貯金をするようにしています。

ベトナム人はみんな料理ができる人が多いので、基本的に家で自炊をすることが多く、あまり贅沢はしません。

ベトちゃんに関しては朝ごはんはサンドイッチ、昼ごはんは勤務先のまかない、夜ご飯は自炊という形なのでほとんど食費がかからないのはいいところかもしれません。以前の勤務先はまかないがなかったので、その場合はお弁当を毎日持参していました。ベトナム人は本当に堅実ですよね。(日本人はかなり浪費家だと思うw)

ベトナムでは妻が家計を握ることが多いようですが、我が家ではお互いに出し合ってその中でやりくりするという方式をとっています。

ベトナム人男性とお金、うまく付き合っていくコツは?

ベトナム人男性は堅実ですが、家族やガールフレンドのためには気前よくお金を払うという一面があります。そのため、男性が払いたい場合はそのまま払わせて、感謝の気持ちを伝えるのが円満の秘訣とも言えるでしょう。あまり女性があれこれするよりは、男性を立ててあげるという方がイメージに近いかと思います。

とはいえベトナムでは妻の立場が強いそうで、夫を立てつつも家で主導権を握るというような人が多いそうです。お金に関してはあまりコントロールするよりは、裁量を持たせてそのお金を人のために使うよう持って行くといいかもしれません。

また、親への仕送りについても注意が必要です。基本的に、子供は親にお金を送ることを当たり前だと思っている人が多いので、毎月どのくらい送金するか、家計に問題がないレベルなのかを必ず話し合い、決まりごとを作っておきましょう。

よくベトナムカップルで聞くのが、困っている人にお金を貸してしまったという話です。それが家族ならばいいですが、友人や友人の知り合いなど範囲が広くなってしまった場合はトラブルに巻き込まれることもあるため、お金を貸す場合は親族のみ、もしくはよく知っている友人までといったルールを作っておかないと、金銭面でもめて最悪お別れすることにもなりかねません。

ベトちゃんは以前、親に毎月10万円弱の送金をしていましたが、ちゃんと話し合った結果、今は経済状況を考えながらしてくれているようです。

お金の話はデリケートですが、結婚するのであれば避けては通れない部分でもあります。もしあなたがベトナム人との結婚を考えるのであれば、よくよく話し合った方がいいかもしれません。

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱