ベトナム人男性と結婚、妊娠発覚とこれからについて

こんにちは、はにーです。
最近ブログの更新がぱったりだったので、生きているのだろうか・・・と疑問に思っている人も多いのではないでしょうか(笑)

今回はタイトル通りなんですが、実は去年の11月にベトナム人夫との間の妊娠が発覚しまして、やっとこさ12週間へ入り安定期に入ったのでご報告させていただきます。

つわりがかなりひどかったので、ここ3か月は何もできず、無気力状態でしたが徐々につわりも収まってきたのでブログを何とか更新する余裕が出てきた次第です…。

子供を考え始めたきっかけについて

私たち夫婦は2019年には結婚をしているものの、もともとオーストラリアに住んでいたこともあり、当時はあまり子供のことを考えていませんでした。

ですが、私の年齢がアラサーということもあり、また、知り合いの話を聞いていると不妊治療をしている人も少なくないということで、実際に自分は普通に妊娠できるんだろうか?という不安が頭の片隅にありました。

また、子供の出産を考えると日本の手厚い福祉を受けたほうがいいのではないかという理由から、ベトナム人の夫と話し合った結果日本へ移住。

最初は経済的に安定するまでは、、、と考えていましたが、私が若年性脳梗塞を発症したことや、前述の不安もあったり、また親に孫の顔を見せてあげたいという気持ちから妊娠出産をリアルに考えるようになりました。

人生は何が起こるかわからないし、ベトナム人の夫もまだ若いので、今を逃すとタイミングがなくなっちゃうな、、、というのが実際のところです。(ただ理屈抜きで、自然に二人のこともが欲しいという感情はお互いありました。)

妊活からわずか1か月!のスピード妊娠

とりあえず今、子供がいる大学の先輩から友人からアドバイスをもらい、妊活を始めることになりました。すると、やはり不妊で悩んでいる女性も多いそうで、同い年の友人に至っては卵子の数の検査を受けて通常より卵子が少ないことが発覚したためすぐに妊活を始めた!という子もおり、ますます不安に。

20代まで、きっと普通に妊活すればすぐ子供ができるんだろうなというとんでもない勘違いをしていたので話を聞いたときは衝撃でした。

とりあえずネットで調べ、タイミング法(排卵日に合わせる)を試してみたところ、1か月後に生理が来ないな?と思い、そのさらに一週間後に妊娠検査薬を使用したところ、窓にはくっきり線が浮かび上がっており妊娠が発覚しました。

まさかこんなに早く妊娠すると思っていなかったので、喜びよりは驚きが大きかったです。ベトナム人夫にその話を伝えると、もうそれはそれは大喜びで踊り狂っていました(笑)

マタニティハイになったのは…まさかのベトナム人夫

妊娠が発覚し、その1週間後に病院へ行き子宮の中を見てもらったところ、すでに心拍も確認でき、確かに妊娠をしているというのがわかりました。子宮の中の袋のようなものにぽつんとある豆粒みたいなのが生命だと思うと何とも不思議な気分に。

私は以前、脳梗塞を発症していることもあり、そちらの脳外科の紹介で大きな病院で診てもらうことになりました。おそらく持病があることが理由で、診療は毎回保険適用となりました。

この件も衝撃だったのですが、普通の個人病院だと保険が適用にならないらしく(妊娠は病気ではないという理由から)、友人は一回5000円~2万円かかることもあるからお金は準備してねと言われていたので拍子抜けしました。

うちは経済的に裕福というわけではないので、保険適用はかなり助かっています。さらに、地方自治体からの補助券もあるため毎回お会計はほとんど手出しがありません。この点に関しては日本の医療制度に感謝です。

そういった事情もあったため、妊娠が発覚しても、本当に母子ともに健康で子供が生めるのだろうか?途中で障害がでてしまったらどうしようか?という不安にさいなまれることになりました。

そんな私を尻目に、ベトナム人夫はおおはしゃぎです。毎日おなかに話しかけ、あかちゃん!あかちゃん!と喜んでいます。

挙句の果てに、まだ安定期に入ってないから職場とか友達には言わないでよ!とくぎを刺しておいたにもかかわらず、その次の日には職場の上司に話しておりました…。もともと子供が欲しい夫だったのでまあ仕方ないかな…と思い生暖かく見守っています。

通常であれば、女性側がマタニティハイになると思うのですが、我が家の場合はわたしは不安が大きいのでまだ仲がいい友達にも伝えておらず、家族+職場の上司1名のみにしか伝えていません。どっちみちコロナで友人とも会えないので、特に配慮してもらう必要もないからです。

おそらく、よっぽどのことがない限り、友人には出産までは伝えることはないと思っています。途中で何かあって、余計な心配もかけたくないなぁ。。。というのが本音です。(このブログを見ている一部の人は知っていたり知らなかったりです)

国際結婚だから、いろいろ考えなくてはいけないこと

妊娠出産は、日本人同士の結婚であれば特に何も考えることはありませんが、ベトナムと日本の結婚の場合はいろいろと考えることがあります。とりあえず思いつくのは以下のことでしょうか。(一部は国際結婚関係ないですが)

  • こどもの名前(ベトナムの名前?日本の名前?ミドルネーム?)
  • 二重国籍の取得について
  • 3か国語の教育法について(現在私と夫は英語でのやり取り)
  • 出産後、子育てヘルプを義両親にどうやってお願いするか
  • 子育てをどこでするか、将来の教育費をどうねん出するか
  • 親の介護問題

ツイッターなどですでにベトナム人男性と結婚されて、お子さんがいらっしゃる方も多いのでいろいろアドバイスをもらっていますが、それでもわからないことが多く…。

特に以下の3つの点については、

・こどもの名前(ベトナムの名前?日本の名前?ミドルネーム?)

私は個人的には、苗字は日本+名前はベトナムというのがいいとは思っていますが、ベトナム人夫は自分の名字をミドルネームで入れたいと考えています。ですが、グエンさんとかだったらいいのですがうちはVUなので日本の学校でいじめられたりいじられたりしないだろうか・・・というのを懸念しています。

もちろん夫なので、苗字を入れてあげたいのはやまやまなのですが、その場合はミドルネームがあることで日本で不便な思いをすることがないだろうか?と考えてしまいます。

・3か国語の教育法について(現在私と夫は英語でのやり取り)

現在、私と夫は日常生活がほぼ英語で成り立っており、夫は日本語があまりできないため、子供が生まれた後はどのように言語教育をするのかが課題となります。

ベトナムの義両親から、必ずベトナム語をマスターさせよとお願いされているので、夫は子供にベトナム語を、私は日本語を教え、3人の会話の公用語は英語、という形になるのかもしれません。

確かに、義両親からすると初孫が日本語でしかコミュニケーション取れない・・・となるとかなりがっかりだと思うのでそこはしっかりやってあげたいという気持ちがあります。

・出産後、子育てヘルプを義両親にどうやってお願いするか

実は私の母親は脳卒中で現在寝たきりのため、子育てのヘルプを求めるのは絶望的です。意思疎通もできないため、アドバイスすらもらえない状況です。(この件についてはまたブログでいつか書きます)

その代わり、義母がベトナムからうちの実家に来て子育てを手伝ってくれるということで話が進んでいますが、なにせ日本語ができないので基本的にはうちの中にいてもらう感じになるかと思います。

父親は元気なので、買い物などは父に任せ、家の中で面倒見てもらう感じになるんですが、実際には義母と父親が一緒に暮らすのは微妙に問題になりそうですよね(笑)

また夫もお世話したいそうなんですが、仕事があるので現実的に実家に引っ越すことは難しいようです。時々実家に通ってもらう感じになるかな?と予想しますが、わたしたちの子育てはなかなかカオスな環境になりそうです。

とりあえず無事に出産できることが目標

いろいろと考えるべきことはありますが、今はとりあえず無事に出産することを目標としたいと思います。

状況によっては私も命がけになるかと思うので、それなりに覚悟しつつ、あまり心配しすぎないようにのんびりやりたいと思います。

初めての妊娠でわからないことだらけですが、がんばります!!

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

はにー

ベトナム人の夫と2019年に結婚。現在は会社員として日本で暮らしている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です