海外留学

留学中、治安の悪いエリアに住んで起こったこと

 

今までいわゆる発展途上国と言われる治安の悪い国に住んできたけども、正直私の中で断トツで治安が悪い国はオーストラリアでございます(笑)

 

とか書くとそんなことない!とブーイングくらっちゃいそうなんですが結構マジ。というのも、これは私が悪いんですがいわゆる地元民でも敬遠するような治安の悪いエリアにがっつりすんじゃったから。ふつうはあり得ないよね、女性なのに海外で治安の悪いところに住んでしまうっていう。

オーストラリアだから大丈夫っしょ!って軽く考えていた私が、治安の悪いエリアにたった半年間ですが住んだ結果ほんっとうに様々なことが起こった。だから、今回は注意喚起も含めて赤裸々に描こうと思う。

 

駅から5分なのに変な人に声を掛けられまくる

 

治安が悪くても駅近ければ安全っしょ!と軽く考えていた私。というわけで駅から5分くらいのところの一軒家をシェアすることにしました。同居人は東南アジアの女性で大学職員ってことでなかなかお堅い職業だし、いままで遅く帰っても何もなかったってことなんで安心して入居。

しかし、それからその家までの5分の間に車に乗った怪しいおじさんに声をかけられること数回(笑)しかも時間帯も明るい時もあったりでびっくりしましたよ。大通りかつ車も通ってるし、大丈夫っても思ってた矢先だからほんとおそろしい。よく見たら家から近くに性的マッサージのお店があるみたいで、そこで変な気を起こす人が多いんだろうか?

 

電車の中で注射器おじさん暴れる

 

私が住んでいた場所の沿線はとにかくガラが悪いことで有名で、毎日電車に乗ってるだけでも毎日のように頭がおかしそうな人やホームレスがいる。特に強烈だったのは、顔を真っ赤にしてきたスキンヘッドのおじさんが乗ってきたかと思うと座席に寝転がり始めた。最初は具合が悪いのかなあと思って心配していたらいきなり起き上がり、周辺の人に注射器を差し出してなにやら話している。挙動もおかしくぞっとした。

あとはよく酔っ払いが窓に頭を打ち付けたり、変なおじさんが周りの乗客に話しかけたり、それを見た人が喧嘩売ってたりともういろいろ。誰の隣に座るかが結構重要なんで、わたしは細心の注意を払って座っていた。

 

黒人の集団に2回も囲まれて危機一髪

これは割とマジで怖い話なんだが、黒人の10人組くらいにわりと絡まれた。ある時はドラッグを売りつけようとしてきたし、ある時はカツアゲ。しかもどっちも彼氏といるときだからたちがわるい(笑)1回目はとりあえずダッシュで逃げたけど、2回目は数が多すぎて退路をふさがれてしまったため絶体絶命だったんだけど、なぜかカツアゲされて、何もせずにどっかにいった。

私は人種差別をする気はないが、オーストラリアにいるアフリカ系の人たちはまじめな人とガラの悪い人の差が激しいように思う。かなりの数がギャングのようになってしまっており、現地の人も心なしか警戒をしているよう。そのためアフリカ系の移民が多いエリアは家賃がびっくりするぐらい安い。

でも私はその理由が分かった。命はお金に換えられない。笑 彼らはよく街中で喧嘩をしているためけっこう目立つ。あと白人のオーストラリア人でも酔っ払ったらかなり危険。奇声を上げたり、その辺の人に喧嘩を吹っ掛けたりする。

 

幽霊が出るっぽい

これは治安のいい悪いというのは関係ないかもしれないが、我が家は何となく薄暗い。おうちはリフォームしてとてもきれいなのだが、同居人が変わり者で光が嫌いなため窓を開けたりあんまりしない。あまり土地柄もよくないせいか、ちょっと陰気な家が多いのも事実である。

ちなみに霊感がある友達曰くヤバい霊がいるらしく、私はそのヤバい霊とずっと一緒に暮らしているらしい。友達と電話すると後ろから男性のつぶやく声が延々と聞こえるとか、私の肩こりが異常なくらい続くとか、だれもいないのに物音が激しいのはそのせいだろうか。私は霊感あんまりないんで、肩こり以外は特に弊害ナシ。でも、なんか家にいると気分沈むんですよねぇ…

 

夜の18時以降は外出できない

これは私の中で最もストレスフルなことだった。あたりが暗くなる18時以降になると、とにかく恐ろしくて外出ができないのである。仕事が終わってさあ一杯!とかのんびり図書館で本でも読んで帰ろうとか、ジョギングでもしよう、と思っても18時縛りがあるため、仕事が終われば直帰、そこから18時~寝るまで家にずっといないといけない苦痛がすごかった。

彼に迎えに来てもらうことも可能だが、しょっちゅうは厳しいので自粛していた。これが意外とストレスで、運動もできず、家でやることもなく鬱々とする日々が続いた。

 

というわけで来週にはもう引っ越しだが、女性でこれから家探しをする人は絶対に治安のよいエリアに住んでほしい。これは絶対。お金をケチって死ぬなんて、バカなことは考えないようにしてください。

 

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です