知らない間に生き霊に取り憑かれて大変なことになった話

 

久しぶりのブログタイトルがこれかよ!と思われるかもしれません。はにーです。

今回は不思議で恐ろしい体験をしたのでシェアしたいと思います。スピリチュアルな話になるので苦手な人は気をつけてください。

 

 

 

転職、結婚を機に体調不良のオンパレード

 

 

 

そもそも、わたしはベトナム人男性と昨年結婚したんですが同時に転職もしました。もともといた会社を辞め、海外から日本へ戻り、再スタートということでごくごく何の障害もなくサッと転職。

 

 

そこはまさに日本企業!!といった感じで、合わないなあと思いつつも働いていました。生活もありますし、簡単には辞められないなぁと。

 

 

 

また、同じ部署の同僚であるAさんという男性はとても面倒見が良く、気さくな人でした。色々と面倒を見てもらっており、クライアント訪問の帰りに車でそのまま送ってもらったり、コーヒーを奢ってもらったりと仲良くしていたので、仕事も頑張ることができました。

 

転職から数ヶ月後、結婚式を挙げ、社内の人にもお声掛けいただいたり、祝福して頂きました。(と思っていたのはあとから考えると間違いだったんですけどね)

 

そのわずか数ヶ月後、20代にして脳梗塞になってしまったのでした。この話は詳しく別記事で書きますが、そのほかにも左肩の痛み、頭痛、息苦しさなどが続いており、健康状態やばいのかな?と思っていた矢先でした。

 

当然、家族も友人もびっくり。自分も脳梗塞なんかおじいちゃんおばあちゃんがなる病気だと思っていたので最初は信じられませんでした。

 

ただ幸運にも、症状は急速に良くなり処置をする必要はありませんでした。そのまま一週間入院し、リハビリの必要も全く無いため退院。経過観察となります。

 

ちなみに血液検査や脳のMRIを撮っても原因となる致命的な疾患はありませんでした。医者も頭を抱えていました。

 

 

退院直後に職場復帰

 

 

幸運にも、特に日常生活を送る上で支障がなかったので退院して即職場に戻ることになりました。というか、わたしがいなければ部署が崩壊するというワンオペ体制だったためやむ無くというのが本音です。

 

 

戻ってきてからが大変でした。病院にいた時はほとんど症状がなかったにもかかわらず、頭がひどく締め付けられるようになり、痺れや麻痺もあったりで意識を失いそうな時もありました。

 

危険な状態かと思い病院へ駆け込むも、異常なしで医者からは冷たく内科に行ったら?と言われるのみ。

 

仕方なく耐え忍び、膨大な量の仕事をこなす日々が続きました。(今思えば相当ヤバいことやってるなぁと思う)

 

そんな時、Aさんは色々と気遣ってくれて、勤務中でも息抜きをしてくれるなど親切にして頂いていました。

 

 

海外移住を考え始め、霊媒師さんのところへ

 

その頃から、日本に来てから体調が非常に悪いこともあり海外への移住をまた考え始めることになりました。

 

わたしは以前お世話になった霊媒師さんを思い出し、海外移住の是非についてアドバイスをもらおうと思い立ちました。その人は企業のお偉いさんなども数多く見ており、そのツテで紹介していただいた方でした。

 

いわゆるみえる系の人で、霊、未来が見えたり払えたりする人なので、企業の経営舵取りの際もよく相談を受けている方でした。

 

わたしは以前お世話お会いした時に、海外にいた方がいいと言われていましたが、その忠告を無視して日本企業で働いていた矢先だったので連絡しにくさはありましたが、とりあえず行ってみることに。

 

恐ろしい生き霊!?なぜか超体験をするハメに

 

家を訪ねていくと、優しく迎えてくださいました。もともとは紹介で出会ったこともあり、普通に仲がいい感じで世間話をしていました。

 

時間が過ぎたところで、海外移住の件を相談すると、見てみると言われ祝詞を唱え始めます。するとその瞬間信じられないことが起こります。

 

 

 

なんと筆者、その場で大号泣(笑)

 

 

前に座って祝詞を読んでいる霊媒師さんも言葉がつっかえ始めます。おかしいなと思ったのか、わたしの方を振り返ると号泣しているのでビックリされていました

 

 

そして、すさまじい生き霊がついていると言われます。とりあえず取る、と言われさらに祝詞を続けますがさらなる悲劇が筆者を襲いました

 

 

 

 

ん・・あれ!?左半身がメッチャ熱い!!焼けるううう!!

 

 

 

なぜか号泣するわ体は熱いわでまったく意味がわかりません。その傍ら祝詞を続ける霊媒師さん。その後立ち上がったと思うとわたしの背中を10回くらい強打し、線香を焚かれました。

 

とりあえずどっかいったけど、生き霊だし何回でも戻ってくるよ。気をつけてね。飛ばしてきているのは、ちなみに職場の人で背が高くて目が大きい男性。

 

そう言われた瞬間、ピンと来てしまいました。そう、あの甲斐甲斐しく面倒を見てくれたAさんと特徴が一致するのです。まさか、あんなに親切にしてくれていた人が?と思いましたがいきなり徐冷を受けた私は余裕がなく考えることができませんでした。

 

終わった後は気が抜けたように脱力し、その反面頭は久しぶりにスッキリした感じでした。念のためその夜は酒と塩を混ぜたものかぶって清めておいて、と言われ終了。

 

ただ海外移住の相談をポップにしに来ただけなのに、ガチ除霊を受け、さらに生き霊を飛ばしている人も発覚してしまうという予期せぬ結果になりましたとさ。

 

わたしは霊も見えませんし、実際にそういうものが存在するのかはわかりませんが、今回の件で不思議な体験をすることになったのでした。

 

 

危険なことを辞める、ことを続けたその後

 

 

その時、霊媒師さんからは旦那の話などのプライベートな話を職場で一切するな、と告げられました。

 

 

ドキッとしました。

 

 

ベトナム人の夫ということで興味を持ってくる人が多かったので聞かれたら色々と話してしまっていたのが事実だったからです。(写真見せてと言ってくるひとも多かったので見せていました)

 

 

もちろんAさんにも、警戒心を解いてたので色々と話してしまっていました。でも、知らず知らずのうちにそうやって恨みを買っていることもあったんだと猛反省しました。

 

なぜかわたしのいる会社は雰囲気が暗く、社員も歴が長いひとは生気がないような感じが多く、女性に関して言えばほとんどの社員が離婚している人も多かったです。

 

 

そういう場所で自分のことを話せば、意図せずとも誤解を与えてしまうこともあるだろうと思い、今は話していません。

 

 

また、もともと雰囲気が暗く合わない会社だったので病気療養も兼ねて退職を申し出ました。それでも辞めさせてくれず、ズルズルと条件付きで働いているかたちです。

 

 

Instagramもプライベートなものはアカウントを削除し、自分のプライベートを見せないようになりました。

 

ちなみに肩こりと頭痛は嘘のように消え、いまは快復に向かっています。

 

世の中不思議なことがあるもんだなぁと思った一方、一番恐ろしいのは生きている人間だなと実感しました。

 

いま幸せなみなさんもくれぐれも、必要以上にオープンにしすぎないようにしたほうがいいかも。。。

 

おまけ: Aさんについて

 

ちなみについ最近、Aさんは退職しました。

 

よくよく思い出してみると、わたしが入社してからしばらくして、心ここにあらずといった状態でまともにクライアントへ対するメール返信など簡単な業務ですらこなせないようになっていました。

 

朝起きられず、仕事をさぼり競艇やパチンコに行くこともあったようです。見かねた上司がかなり厳しく当たっていたようですが状況は改善せず。(ちなみにこの上司も1ヶ月ほど大病で入院、手術を受けています)

 

まさに魂が抜けたようになっていたようです。また、彼は職場に来た際にぬかるんだ地面で滑って頭部強打するという事件もありました。。。

 

生霊を飛ばすほうもダメージを大きく受けるらしく、まさに心ここにあらず、さらにいろいろなことがうまくいかなくなってくる、最後のほうはひげもボーボー、身だしなみに無頓着になり、体臭を漂わせているほどでした。(あとから同僚から話を聞く限りだと、いつも身だしなみには気を使っていたタイプだったということでした。)

 

また、彼はスポーツマンや明るくてパリッとしている人が苦手で、業務に支障が出るほど必要以上に避けていました。(なんと会うのが怖いからと言ってわたしを同行させることも。。。ちなみにわたしからするとなんら普通の人で怖くないです)

 

まさに、パワーがある人は悪霊を寄せ付けないのかもしれません。

 

悪霊は筋肉で退散!!というわけでわたしも体を鍛えようと思います(笑)

 

 

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です