結婚したらベトナムに住むべき?ベトナム人男性の本音を聞いてみた

 

こんにちは、はにーです!

ベトナム人男性と結婚してはや1年が経過しましたが、すでに新婚気分も抜けてのんびりと過ごしています。というか結婚してからは生活するのに精いっぱいであんまり楽しむ余裕はなかったかなと思っています。

今ベトナム人男性とお付き合いをしており、将来的にはベトナム人男性と結婚を考えている女性の方の中には、ベトナム人と結婚したらベトナムに住まないといけないの?と疑問に思っている方がわりかし多いようです。

現に筆者は今はベトナム人の夫と日本に暮らしていますが、みんながみんなそうではないようですので今回はそのテーマについて少しベトナム人夫と話し合ってみることにしました。

 

結婚にあたり無視できないベトナム人と家族の問題

 

ベトナム人の男性や女性とお付き合いしたことがある方であればすでにご存じかとは思いますが、ベトナム人の家族愛は日本人の想像を軽く超えています(笑)

現にお付き合いされている方は、ベトナム人が男性であったとしても母親や父親に頻繁に電話をかけている姿を目にしているのではないでしょうか?

なぜなら、ベトナム人の中で大きな価値観であるものが【家族】であるからです。もはや家族というワードを無視してベトナム人を語ることはできないくらい、大事な存在です。言い換えれば、ベトナム人男性と結婚した場合はあなたも家族になるわけなので大事に扱ってもらえるということです。

ベトナム人男性は家族を軸に動いているため、家族のためになることであれば何でもやります。ベトナム人が技能実習生や留学生として多く渡航してきていますが、過酷な労働条件でも一生懸命働き、時には会社や学校から失踪してでも日本でお金を稼ぎたいと思う理由は、何よりも本国にいる家族に楽をさせてあげたいという気持ちからです。

まずはベトナム人にとって家族がどれほど重要な意味を持つのかを知っておく必要があるでしょう。

ベトナム人の彼が長男かどうかにもよる!?

ベトナム人男性と結婚した場合、ベトナムで暮らさなくてはいけないのかどうかは彼が長男であるかどうかをチェックします。

まだまだベトナムにおいては古い習慣が残っている場合が多く、長男が家を守り、家計を支えると考えている地方も多いからです。

ベトナム人の彼がホーチミン市出身、三男、とかであれば可能性としてはかなり自由が利く可能性もありますが、彼がハノイ出身(もしくは地方都市)、長男、兄弟がいない(もしくは女性の兄妹のみ)という場合はかなりの高確率でベトナムでの生活を送る可能性は高くなるといってもいいでしょう。

ちなみに私のベトナム人夫は地方出身の長男ですが、彼の両親は自営業です。当然、将来的には店を継いでほしいと思っているのかもしれませんが、彼の場合はベトナムに住みたくないそうなので両親もあきらめているようです。

しかしこれは彼の両親が特殊なだけであって、一般家庭においては絶対に帰って来い!というスタンスの両親も多いようです。

そのため、彼が地方都市かつ長男の場合はベトナムで暮らす可能性はぐっと高まってくると考えておきましょう。

 

ベトナム人彼の故郷愛について聞いてみるべき理由

 

もう一つベトナムで暮らす理由となる場合が、ベトナム人彼氏の故郷愛の度合いです。

ベトナム人はベトナムを誇りに思っている人が多く、ベトナムのことを褒めた場合は気を悪くするひとまずいないでしょう。そのため、ベトナムが好き!というアピールをしてくるベトナム人男性は高確率でベトナムへ帰国するという可能性があります。

一方、日本へ出稼ぎや留学生としてきているベトナム人男性で日本社会に溶け込んでいる人、友人や知人が多い人、そもそもベトナムに住むのは嫌だと思っている男性に関してはベトナムに帰国する可能性はかなり低いとも言えます。

人間、一度上げた生活水準を下げることはなかなか難しいものです。

私のベトナム人夫は、まだ付き合っているときにオーストラリアにて、ものすごくボロボロの家でハウスシェアをしていました。(どのくらいボロボロかというと一軒家に8人住んでいて、キッチンはゴキブリのお部屋、シャワーは外にある、扉がそもそも壊れている・・・など)

しかし当時、ベトナム人夫は家に帰って寝るだけだからいいや!と思っていたそうです。そんな中、私と同棲することが決まり引っ越しをした際に家のグレードでかなりもめました。私は清潔なところではないと嫌だと言い張り、ベトナム人彼が折れた結果です。

その後、非常にきれいな家に1年間住んだわけですが、私が先に日本へ帰国することになった際にベトナム人彼は半年ほどオーストラリアに残ったため、引っ越しをしました。

家賃抑えたいんだったら、前の家に戻ったら?と提案したところ今はきれいな家に慣れちゃったから戻れない。と言われ、一緒に住んだ家程度のきれいな家に引っ越しをしていました。

そのため、故郷愛があまりない場合は日本の生活のほうが快適だと思ってしまえばベトナムに帰国するという可能性は低くなるでしょう。ベトナム人彼の家を見に行ってきれいな家に住んでいれば、ベトナムの生活に戻る可能性は低いかもしれません。

ベトナム人留学生のほとんどが日本で働きたくない現実

 

ベトナムに定住する理由としては仕事も大きなポイントとなるでしょう。

もしベトナム人の彼が安定した職についており、仕事もそこそこ面白い、人間関係もいい、待遇もいい、などであればこのまま日本の永住権をとりたいと考える人もいるかもしれません。しかし、現実としてはそういう状況に置かれるベトナム人は1パーセントにも満たない確率です。

技能実習生においても問題になっていますが、日本人がやらないようなきつくて危ない仕事をさせる会社がほとんどです。

さらに、寮費などといった名目で給料を天引きして手取りは10万ちょい、という待遇が普通にまかり通っているため、日本で仕事を続けたいと思うベトナム人はごく少数でしょう。

以前、ベトナム人の夫の友人であるベトナム人留学生の女性に卒業後はどうするの?日本で働くの?と聞いたところ、「日本で働くことが楽しいとは思えない。だからわたしは次はオーストラリアに行きたい」と答えていました。

私個人も、海外から日本へ戻ってきて驚いたのが日本の労働環境でした。日本人でもつらいことが多いのに、外国人だとなおさらでしょう。そのため、ベトナム人の彼氏には日本で将来的に働く意思があるかどうかも確認しておいたほうがいいかもしれません。

 

実際のところは介護問題を見据えてベトナム行きも覚悟しておく必要あり

ベトナム人男性と結婚したらベトナムに行かないといけないのか…と不安になる女子が多いようですが、ベトナムに限らず、国際結婚の宿命としてかならずその可能性はあります。

ベトナムでは高齢になった親の介護を自分で行うべきという考えが強いので、老人ホームに預けて面会に時々行けばいい・・・というような日本スタイルは通用しません。

つまり、彼の両親の介護が始まった場合は一緒にベトナムへ行って面倒を見て、最悪の場合は看取るまではベトナムにいないといけないということです。

それを想像したときに、今のベトナム人の彼と結婚したいと思えないようであればお付き合いにとどめておいたほうがいいでしょう。

国際結婚はただでさえ離婚率が高いのも、そういった覚悟が足りなかった、もしくは気持ちが変わってしまったというやむを得ない事情もあるのだと思います。

ベトナム人の彼と結婚する以上、今ではなくてもいつかはベトナムに行かなくてはいけないということを自覚しておくと心の準備がしやすいかもしれません。

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です