Netflixのコメディドラマ・ワーキングママが超面白い!日本のママにもぜひ見てほしい理由



こんにちは!はにーです。


現在私は絶賛無職で、育児のために仕事を休んでいるこの時間をどうしようかと悩んでいました。
そんなとき、ネットフリックスで何か面白そうなドラマがないかなと探していると出会ったこのドラマ、
ワーキングママについて今回はご紹介したいと思います☆


※この記事ではシーズン5までの多少のネタバレを含みます。ご注意ください。




産後のママのリアル!?カナダのコメディドラマ、「ワーキングママ」


今回私がドはまりしてしまったワーキングママ(原題:Workin’ Moms)というドラマはカナダの
トロントが舞台のコメディ。いや、コメディと言い切ってしまうにはもったいないくらい
色々な女性に降りかかる苦難や社会問題、育児、仕事についてのことなどがリアルに
描かれています。






主人公のケイトはママでありながらPR会社に勤めるバリバリのキャリアウーマン。
まさにキャリアウーマンが子供を産んだらどうなるかというものを見事に体現しています。 
ややワーカーホリック気味のケイトですが、バリバリ仕事をする反面、ユーモアもあります。
ケイトの周りでは、いろいろな問題が起き、、、いや起こしていくタイプです。笑



ケイトだけでもかなりキャラが濃いのですが、その周りのママ友も超キャラが濃いです。
知的でスマートながら短気で常に切れ気味の精神科医である親友アン、産後鬱を乗り越えて
仕事に復帰するも常にモテモテ(?)の変人のレズビアン・フランキー、独身気分を引きずって
刺激や新しい恋愛を求めるジェニー、子育てグループを主宰しつつも息子が問題児なヴァル、
などなど魅力的なキャラがこのドラマを一層面白く、そして刺激的にしていると言えるでしょう。



一方で、カナダのドラマならではと言ってもいいかもしれませんが、内容はとても先進的で、
現代のカナダ事情をふんだんに取り入れています。ケイトは育休からの復帰のリアルを経験し、
フランキーは現代女性の自殺理由の多くを占める産後うつの苦しみを味わい、アンは中絶、
内縁の夫と思春期の娘との関係に悩み、ジェニーは主夫の夫との別れや出産後も女性として
楽しみたいというリアルな感情を爆発させています。



とはいえ、シリアスになりすぎないのはやはりこの個性あふれるぶっとんだキャラクターとユーモア、
コミカルなテンポで進んでいくドラマ構成のたまものと言えるでしょう。


日本では女性は産んだら「おかあさん」になる!?






少し話はそれますが、最近、私も出産を終え、だいぶ子育ても慣れてきたかなぁという頃、
こんなことがありました。


なんと私のことを、夫が「ママ」と呼び始めたのです。ママ、息子ちゃんのおむつどこ?というように話し
かける時ママ呼びになっていることに気が付き、私は激怒しました。私はあなたのママではない!
ママと呼ぶな!
とあまりの形相で激怒する私に夫は面食らったようで、分かったもう絶対呼ばない!
と約束しました。(私の夫はベトナム人なのですが、ベトナムでは仲のいい夫婦ほど子供ができたら
家の中ではパパ、ママと呼び合う習慣があるそうです。)



この時、私は出産を終えてから、自分の名前で呼ばれることが減ったなと実感します。
病院に行けばお母さんは~、行政の窓口でもお母さまが~、そして家では夫からママ…
いやいやこれは私の名前忘れられてるんじゃないか?と思えて悲しくなったのです。



しかし、ワーキングママのドラマの中では夫婦の間でも、友人の間でも常に名前を呼び合っていますし、
そもそもドラマの中の産後の女性はとにかく家でじっとしていません(笑)
カナダでは母親同士が悩みを相談しあうママグループがあり、ケイトやジェニーたちもそこで
知り合います。そして、登場人物のママは職場に復帰し、夫との夫婦生活も楽しみ、
友達同士でカフェやレストランへ行き、多くの人と交流し、シングルマザーになっても
新しい恋人を作ったり、常に社会とのつながりを持っています。




日本と海外事情の違いでもあると思いますが、ワーキングママのドラマの中で、
誰一人、登場人物のことをママ!と呼ぶ大人はいません。ママと呼んでいいのは子供だけです。




ドラマ「ワーキングママ」では、産後の女性がそれぞれ人生を楽しんでおり(トラブル起こしま
くりだけど)、女性が子供を産んだらお母さんとして“だけ”生きるべきという圧力は感じられません。
ケイトやアン、それぞれの登場人物が、子育てをしながら自分のやりたいことや幸せを感じられる
ことを追求している姿が印象的でした。




ツッコミどころ満載!?ワーキングママの見どころは?

そんなワーキングママの見どころ(ツッコミどころ&共感できるところ)が多すぎるので
まとめてみました(笑)



みんな恋多き乙女すぎ!?女性として生きるママたち




全編を通してとにかく多いのがカップルの成立が多く、その恋愛に対する描写もかなりキワどい
ものが多かった印象でした。
ケイトは夫と問題が起こったときに浮気した男をビジネスに
引き入れてしまっていますし(普通だったらありえない!)、フランキーはとにかく美女に目がなく、
自分のクライアントに手を出したり離婚した後はすぐに恋人を見つけてきたり、ジェニーは自分の
職場の上司×2と関係を持ったりと、とにかくお盛んです(笑)唯一クリーンなのはアンくらい
でしょうか。


ヴァルは新しいパートナーを見つけますし、ケイトの母親に関しては、ケイトの父親が
亡くなった後早々に新しい彼氏を見つけ、さらに高齢で結婚もします。
(しかも子供を作る予定についても公言!)



また、それぞれが違った性的志向を持っていることをあけすけに暴露しあうなど見ていて
すがすがしいほどです。笑 ドラマ全編を通じて過激なシーンも多く、家族で見ると
気まずくなることは間違いなしです。
これは産後の女友達と笑いながら見たいですね。



パートナーや友人とオープンに話し合うシーンが多い





ケイトやアンは既婚者であり、とにかく意見の違いなどで夫と家の中で言い合いをします。
時々、いやしょっちゅうヒートアップして収拾がつかなくなってしまうことも。
夫婦間であっても、とにかく言いたいことを言い合ってすっきりしているようです。




特にケイトはワーカーホリックが行き過ぎて、夫のネイサンから相談なく物事をガンガン
進めてしまう点をとがめられてしまいます。最初は言い返しているケイトですが、
最終的にはソファやベッドの中でゆっくりと二人落ち着いて話し合う時間を取り、
解決をするというパターンです。



私は周りの友人から、夫に言いたいこと言えないという相談を時々受けることがあります。
一方、私は何でも言ってしまうほうなので、その点はいいのですが必要以上にヒートアップ
してしまうので反省しています。このドラマのように冷静に話し合って解決できる関係は
いいなぁと思いました。



カナダにおける子供の虐待や中絶、社会的規範も描かれている






ワーキングママの中では、かなりセンシティブな内容も描かれています。


中でも、アンが経済的な不安から中絶をするかどうか悩むシーンはかなりショッキングです。
アンは第3子ができたことで精神的に不安定になり、お腹を打ってしまって医者に行った際も、
流産すればよかったという態度をあからさまに見せます。最終的な決断はネタバレになって
しまうので書きませんが、カナダという国は女性が中絶に対する決定権を持っているということが
わかります。


また、フランキーについても最初はヒッピー的なカラフルで変な服を着ているのですが、
産後鬱を乗り越えて復職したあたりから仕事に対して真剣になり、服装もどんどんきれい目の
キャリアウーマンに変わっていきます。ケイトやアンもそうですが、カナダで仕事をするにあたって、
服装が洗練されている・プロフェッショナルであるいうのも大きなポイントなのでしょう。



また、子供の虐待についてもかなり厳しいようで、ジェニーが車に娘を一瞬だけ残して離れただけで
周囲から通報されてしまいます。夫を呼んで実子である証拠を出さなければ警察から娘を返してもらえず、
たまらず夫に電話をかけて助けてもらうシーンもありました。



育児に正解はなし?それぞれが問題を抱えている





ケイトは息子のチャーリーが保育園で問題を起こすたびに呼び出されます。
アンは思春期の娘が隠れてよくないことをしているのではないかと疑い、
常に娘を監視しようとして失敗します。ヴァルは夫が家を出て行ったからぐれてしまった息子二人を
どうすればいいか悩みます。フランキーは新しいパートナーとの間の人工授精で授かった子供を
かわいいと思えず葛藤します。



何か問題が起こるたびに、それぞれが考え、悩み、そしてパートナーと協力しながら
乗り越えていく様子をリアルに描いており、特にアンとその娘のアリスの攻防戦は
見ていて自分の思春期の頃を思い出すほど共感できます。





このアリス、見た目はとてもかわいい女の子なんですが、とにかく生意気であらゆる
手を尽くして隠れて悪いことしたりするんですよね。でも実はとても親思いでいい子だったりと、
憎めない存在です。怒りっぽく短気なアンとアリスがいつもバトルを起こすのですが、
そのたびに癒し系のパパ、ライオネルが仲裁に入ってよいバランスが保たれている感じです。
(のちにライオネルは暴力パパとして有名になってしまうハプニングに巻き込まれるわけですが…笑)

またカナダと日本の育児事情についても注目です。ワーキングママの中では、
すべての子供が小さいころからベビーベッドで寝ており、親は別の部屋で夫婦だけで寝ています。
日本だと川の字で寝る、というスタイルが一般的ですが、海外では夫婦の時間も大事にするために
子供は子供部屋で、というのが一般的なようです。



ママなのに〇〇!?というシーンが多発。迷走することも



ワーキングママを見ていると時々ぶっ飛んだ設定や展開に驚かされることがあります。
ママ、お母さんという響きとは遠く離れたような行動でドラマを刺激的にしてくれています。





特に面白かったのは、ケイトは会社のインターン生(しかも元上司の息子)と体の関係に陥りますが、
なんと母乳を飲ませてほしいと言われて仕方なくその要求を呑んでプレイとして楽しんでしまいます。
(そしてのちにこれも大変なことになります笑) ケイトは冒頭シーンでもベビーカーに息子の
チャーリーを乗せながらランニングしたりとなかなかママとしてはぶっとんだ行動も。



また、ある時には仕事のパートナーに影響されていきなりセレブな女社長になってしまう
迷走っぷりも見どころです。服がキラキラツルツルになり、高級ブランドでバッグやブーツを
買いあさる姿は見ていてちょっと間抜けでとても面白いです。

またレズビアンのフランキーは元妻との間に子供が一人いますが、とにかく出会った美女に片っ端から
アプローチをして体の関係に持っていきます。いたるところで関係を持つので、
時には迷走していることも。結局元妻からは愛想をつかされてしまうのですが、
それでもめげずに新しい美女との関係が始まるなど、とにかくママだけど恋愛はずっと
現役のモテモテな存在です。

極めつけは、ヴァルを中心としてケイト、アン、フランキーで女子旅と称して田舎のコテージに
滞在するのですがここでは薬物を服用してハイになり、下着姿になったり、そのまま飛び出したり、
幻覚を見たりして最後は警察のお世話になったりと、日本でイメージする「ママ」とはかけ離れている
のではないでしょうか。




ワーキングママはぜひ夫や女友達と一緒に見てほしい!






このドラマ、ワーキングママを多少のネタバレを含みつつ紹介しましたが、私個人としてはこの
ドラマはぜひ、パートナーと一緒に見てほしいと思います。女友達同士で見ても盛り上がると思う
のですが、コメディ的要素だけではなく、家族の在り方や、家族としてどうやって育児に
かかわっていくか、どのように夫婦間で問題を解決しているのかという非常に大事な点が
描かれているドラマです。






ワーキングママのなかでは、ごく当然のように夫が妻と同じように育児にかかわっています。
子供の食事も、保育園のお迎えも、すべて夫婦が同じようにかかわっており、
それに対して特別な扱いはしていません。二人の子供なのだから、二人で育てるのが当たり前
という感じです。



日本ではよく、夫が仕事ばかりで育児にあまりかかわってくれなかったり、少し育児をしただけで
イクメンと特別扱いをしたりする傾向にありますが、このドラマを見ると少し気持ちが変わるかも
しれません。



また、夫も妻も、パパ・ママという関係だけではなくともに愛し合い、助けあうパートナーとして、
男女の関係をいつまでも失わないというカナダの価値観が垣間見れます。


ぜひ、夫婦で一緒にワーキングママを見て楽しんでください♪


ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

はにー

ベトナム人の夫と2019年に結婚。現在は会社員として日本で暮らしている。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です