ハノイ旅行に来たら、オバマ大統領も食べた味、でブンチャを食べよう

しばらくぶりの更新となってしまいましたが、実はしばらくベトナムのハノイへ行っておりました。目的はベトちゃんの両親と会うのが目的でしたが、その話はまた別途書きたいと思います。

さて、ベトナム旅行といえばやはりグルメ旅ということで、今回私がどうしても行きたかった店に行ってきました。そのお店はブンチャーというベトナム料理が有名なところだったので、レポしたいと思います。

オバマ大統領も食べた味!?ブンチャー とは?

そもそもベトナム料理、ブンチャーって何?という人のために一応解説しておきたいと思います。Bun cha(ブンチャー)とは、簡単に言えばベトナム風つけ麺のことを指します。ちなみに見た目はこんな感じ。

そもそも見た目からめっちゃ美味しそうじゃないですか?

野菜と胡椒が入った甘みのあるスープ、パクチーや紫蘇、レタスなどの野菜盛り合わせ、そして米粉の細麺、甘いタレで焼いた炭火で焼いたつくねと豚肉がセットになっています。

こちら、食べ方は諸説ありますが、ブンチャーの正しい食べ方というものは個人の好みによるようです。ちなみにうちのベトナム人旦那は麺をスープに直接いれることはせず、お肉や野菜にスープを浸してから麺と一緒に食べるというスタイルです。

ブンチャーのスープは味が濃いため、麺をスープにダイブさせてしまうと味が濃くなりがちです。私もお肉だけにスープを浸して、野菜と麺と一緒に食べるという方法がお気に入りです。

お味の方なのですが、甘いスープとさわやかな香味野菜、そして炭火で焼いた香ばしいお肉が素晴らしいハーモニーとなっている絶品です。一度食べたら病みつきになるので、私たちは週末は必ず食べに行っていました。

ブンチャーはハノイ発祥だそうで、その噂を聞きつけたオバマ大統領がハノイ訪問の際に実際に

食べたということで一躍有名になったそうです。

オバマ大統領が実際に訪れたレストラン、HUONG LIEN

早速私も是非そのレストランへ行きたくなり、足を運ぶことにしました。

ハノイの市街地ど真ん中に位置しており、見た目はめっちゃローカル感が漂っています。

入り口に愛想の悪い女性が座っており、(ベトナムあるある)人数を伝えると席に案内をしてくれます。そのときちょっと気になったのですが、ヨーロッパやアメリカなどから来ている白人のお客さんは2階、現地の人やアジア系の観光客は1階というようにわけて案内をしていました。

実際にオバマ大統領がブンチャーを食べたのは2階ということだったので、私も二階に行きたかったのですがベトナム人旦那は遠慮して言えず。こういうところあります。

気を取り直してブンチャーを注文すると、15分ほどするとでてきました。

見た目はシンプルですが、期待を裏切らないクオリティです。めっちゃうまい。

この時ハノイに来てよかった・・・と心から感じました。むしろもうベトナム旅行おわりでいいのでは?というレベルでした。

しかもこれでおよそ250円。安すぎるだろ・・・この幸福で250円ならばわたしの幸福はどれだけ安上がりなのだ・・・?

結局オバマ大統領のことはすっかり忘れて夢中でブンチャーを食べまくり、お店を後にしたのでした。麺の量が多かったのでお腹いっぱいになりました。

HUONG LIENへ行くなら2階席をリクエストしてみよう

料理のクオリティはいいのですが、接客などはやや忙しいせいもあって期待はできないかと思います。また、無条件にアジア系の人は1階へ案内されてしまうのでオバマ大統領が食べた場所で絶対食べたい!という場合は2階に案内してもらえるよう強く交渉したほうがいいかもしれません。

なんにせよハノイに来たならば絶対にブンチャーは食べるべきです。ぜひ、トライしてみてください。

ベトナム人との恋愛、国際結婚&恋愛についてお気軽にご相談ください:)
ブログにて回答させていただきます♪
質問箱質問箱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です